2016年05月06日

「afterwards」けっこう使う英語フレーズ その2

お世話になります。なおちです。

さて、今回も外国人と会話する中で頻繁に使われる英語フレーズを紹介していきたいと思います。

もちろん、紹介するのはある特定のケースだけでなく、ビジネスシーンでもプライベートシーンでも利用できる有効なフレーズを紹介していきますので、とても有意義になると思います!

ただし、これらのフレーズを知っているだけでは英語は話せるようになりません!


ちゃんと使う練習をしてアウトプットできる練習をしてください。

○練習方法
 @声に出して、最低20回は発音する。
 A一部の語句を変更して応用してみる。
 ➂スマホなどにメモしておいて、時々思い出しながら再度発音の練習をする。

 です。

今回は一語ですので、Aの応用は必要ありません。

さて、「afterwards」の発音は「アフターワーズ」です。

発音はこちらを参考にしてください!



意味は「あとで」という意味です。

使用例としては、レストランでオーダーする時に、少し考えてからにしたい場合など「afterwards」が有効です。

また、だれかが「あとで来るよ」という場合にも使用できます。

ただ単純に「あとで」と言いたい時に使える便利な単語です!

是非習得して、ネイティブに近づきましょう!

posted by なおち at 10:45| Comment(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。