2016年04月20日

オンライン英会話でフィリピン講師が多い訳


こんにちは。なおちです。

今回はオンライン英会話といっても各社の講師について

記事にしたいと思います。

みなさんは既にオンライン英会話にて一度は「無料体験」を経験された方はいるでしょうか。

まだの方は無料ですので、こちらから是非体験してみてくださいね。

オンライン英会話のページをのぞいてみると、

フィリピン人系の講師が多数在籍していることがわかります。

私たち日本人が外国人で英語のネイティブ講師というとやはり、

アメリカ人やイギリス人を思い浮かべることが多いと思います。

そもそも運営会社側からの視点で行くと雇う人件費が比較的安くて済むということも

挙げられると思うのですが、されどフィリピン人の英語力をあなどってはいけません。

私の社会人になってからの先輩に大学時代にアメリカ留学していた方がいるのですが、

その方は仕事でも世界中の人々と交流し、仕事をしています。

その先輩も「フィリピン人の英語の発音はいい。」と言っていたほどです。


フィリピンには共用語として、フィリピン語(タガログ語)というものが存在していますが、

これは普段家庭や私生活上で使用することで使用するのみで、公共の場では英語が使用されています。

もちろん、子供たちが学ぶ学校でも「英語」にて授業を実施しているのです。

この理由としては、授業をするにあたり英語で授業した方が説明しやすいからだそうです。

なぜならフィリピン語だと説明できないことが多く授業をするに不便という理由があるからです。



では、日本語の場合はどうなのでしょうか。

それは、福沢諭吉によって明治時代に外国語しかない言葉には新たな日本語を作成されたのです。

例は「社会」、「自然」、「権利」、「近代」

などです。

これらの言葉は明治時代までは日本語としては存在しないものでした。

しかし、福沢諭吉によって翻訳と創造された言葉です。

この功績によって日本では外国の文化や医学を勉強するにも不便なく授業できるようになったのですね。



今、私たちのように英語を話したい人たちにしてみれば、有りがたいのか、迷惑なのか、

微妙と捉えてしまう気持ちもちょっとありますが、

しかし、福沢諭吉の功績がなければ、そもそもの日本の産業成長もなかったでしょうから、

心から感謝しましょう!


ちょっと話がそれましたが、だからこそオンライン英会話でフィリピン人講師の

方たちは英語の発音に定評があり、とても上手です。

変な偏見を持つことなく、安心して授業に取り組めそうですね!
posted by なおち at 12:06| Comment(0) | オンライン英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

「let me know」けっこう使う英語フレーズ その1


お世話になります。なおちです。

さて、今回から外国人と会話する中でどのようなフレーズが頻繁に使われているのか紹介していきたいと思います。

もちろん、紹介するのはある特定のケースだけでなく、ビジネスシーンでもプライベートシーンでも利用できる有効なフレーズを紹介していきますので、とても有意義になると思います。

ただし、これらのフレーズを知っているだけでは英語は話せるようになりません!


ちゃんと使う練習をしてアウトプットできる練習をしてください。

○練習方法
 @声に出して、最低10回は発音する。
 A一部の語句を変更して応用してみる。
 ➂スマホなどにメモしておいて、時々思い出しながら再度発音の練習をする。

 です。

さて、本日ご紹介するフレーズは「let me know」です!


では意味を見ていきましょう。


let : 〜させる
me : 私に
know: 〜を知っている

ですね。

また動詞が最前にきているので単純に考えると命令系と同じです。
つまり、直訳でいくと「私に知らせろ」となります。


もう少しわかりやすい日本語にしてみると「教えて」となるわけです。


ではこのフレーズはどういったケースで使用されているのでしょうか。
それはもちろん、日本語とまったく同じケースです。


たとえば、友達と約束をしたいけど、友達は予定の確認が必要なとき、
「予定がわかったら、教えてね」と言うことが多いはずです。

そんなときは、「If you check your schedule, let me know.」
「あなたの予定を確認したら、教えてね」

という具合です。


有名な You TuberのChikaさんもこのフレーズを頻繁に使用するものとして紹介していますので、是非その動画もご覧ください。

「バイリンガール英会話」での「let me know」はこちら↓↓



上記に記載した練習法の➂ですが、応用を聞かせるのは簡単です。
「me」の部分を「you」などに変換するだけですね。

たとえば「let you know」にした場合は、「あなたに知らせる」となりますから
「教えるね」となる訳です。

また「let him know」とした場合は、「彼に教えるね」となります。


今回は「教える」という意味合いで紹介しましたが、「教える」ということにこだわる必要はありません。

「言っておく」などでも十分な訳になるでしょう。


★さらに応用させてみよう!
さらにいろんなことを言いたい場合、「〜させて」と言いたい時は、この文型を用いてより幅広い表現ができます。

例:書かせて :「let me write」
言わせて(聞いてください) :「let me say」
踊らせて :「let me dance」

です。このようにたった一つのフレーズを覚えることと、動詞を変えることでより多くの表現ができるようになるのです!

以上、今回ご紹介した「let me know」は様々なシーンで活躍するフレーズです!

みなさんも練習して身に着けて、英語を話す際にはぜひ使ってみてくださいね!
以上、なおちでした!

posted by なおち at 08:59| Comment(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

英会話なんてむずかしくない!ほんとに


お世話になります。 なおちです。

さて、前回まで私の経験も踏まえて紹介しましたね。
今回は英語(外国語)は本来どのように勉強すべきかを記事にしたいと思います。

私たち日本人は生まれながらにして日本に生まれ、自分の身の回りで日本語が聞こえてくるのは普通でした。
起きれば家族が日本語を話し、テレビからも日本語が聞こえてきます。


そういった環境はどの国でもあたり前なのですが、よくよく考えてみると毎日リスニングのトレーニングを行っていることと同じなんですね。

もちろん、小さい子供の頃は音は聞こえても、何を話しているのかは全くわかりませんね。
ただ、意味はわかりませんが相手のリアクションは見て取れます。少なくても言われてうれしかったか、悲しかったかは表情などで感じ取ることができます。


そういった幼いころの莫大な経験がネイティブにはあります。日本語もそうですよね。
私たちは知らず知らずの内、成長する過程で母国語の表現、発音やアクセントを親や兄、姉などから学んでいるのです。


日本語には母音があ、い、う、え、おの5つあります。しかし、英語には13あるといわれています。
これも日本語の音に慣れ、多くの日本人が英語の発音が下手といわれる理由のひとつでもあるのです。


ざんねんながら、私たちは英語のネイティブスピーカーではありません。
やはり、ひとつひとつ英語も机に向かって勉強しなければ英語は話せるようにならないのでしょうか。


それは違います!


もちろん、ひとつひとつ覚えていくことに変わりはありませんが、もっと楽しく実践的に覚えていくべきなのです。


大学受験予備校で有名な「安河内哲也」先生は以前テレビCMでこうっていました。
「英語なんて言葉なんだ、こんなものやれば誰だってできるようになる!」と。

また、安河内先生はこんなTシャツを着ていました。
「Don't study English at your desk.」直訳で「机で英語の勉強をするな。」です。

まったく私も同感です。


そもそも言葉というのはとても素晴らしいものであり、テレビで見る外国人タレントなどの異国の人が自分の母国語を話していると親近感がわきますね。


そう、言葉を覚えていくには言葉というツールでコミュニケーションが取れるという素晴らしい体験が必要具可決と思います。


みなさんもきっと幼い子供のころには親とコミュニケーション取れたときはとてつもなく感動し、うれしかったはずです。もう忘れてしまったと思いますが、想像するだけでもうれしいものだとわかりますよね!


外国語を学ぶには外国語でのコミュニケーションを楽しみ、外国人と交流できる素晴らしさと楽しさを実感するととてもいい感じです。


そこで、こんな不満を言う人がいます。「私は頭が悪くて、覚えられないから無理」と。


いいですか、言葉を覚えるのに頭の良し悪しは関係ありません。それはただ単にあなたが逃げているだけです。


そもそも言葉や単語は「覚える」のではなく、反復し「身につける」のです。
あなたがもし「覚えられない」と感じているのはそれは衣服やアクセサリーを自分には似合わないからといって拒んでいるのと同じです。


まさに文字通り、身に着けるのです。我々日本人も話す言葉を必死で覚えてきた訳ではありませんよね?


知らなかったものを日々の訓練(日常生活での会話)の中で身に着けてきたのです。


これから英語を楽しんで覚えていこうではありませんか!
そうすればきっと外国人とのコミュニケーションがとれる素晴らしさ、楽しさを感じてまたさらに前進しようと思うはずです!


次回は、具体的によく使う表現フレーズを順番に紹介していきたいと思いますので、お楽しみに!

以上、なおちでした!
posted by なおち at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。